その2

正直寝てる時以外は全てテニスの時間に充てたいです。
いや、寝る時間削ってテニスやりたいです。

何でこんなにテニスにハマッてしまったのか。
分かったんです。

・常に自分の番
例えば野球の場合で言うと、守っている時はいつ自分のところに飛んでくるか分からないですし、打順も基本的には9回に1回しか回ってきません。
テニスの場合は常に自分の番なので、いつでも打てます。
で、たま~に感触の良いショットなんて打てちゃうともうやめられません。

・安い!
バンクーバーの公共テニスコートは無料で使えます。
使いたい放題。夏なんて昼1時から夜9時ごろまでコートにいます。
そしてこれは僕1人ではなくて、仲間もみんな残ってテニスしているという。
どんだけテニス好きなんだ。
テニスラケットなんて、テニスショップにおいてある中古品なら1年落ちで$40くらいで買えます。

・男女同じルール、同じコートでプレイできる
性別に関わらず、同じコートに立って同じルールでプレイできるので、男のスポーツ、女のスポーツ、なんていう隔たりがなく、同じ気持ちを男女で共有できるのがうれしいですね。
特に男女混合ダブルスなんてのは、個人的に試合で勝った時の喜びがハンパないです。


見た目よりもハードなスポーツで、動いたことで爽快感や達成感も味わえるのが最高ですね。


socks.jpg

靴下はいてないのにはいてます。




Canawestではストリング(ガット張り)サービスをやっています


個々のプレイスタイルにあったストリング、納得のいくテンションをご提案の上、心を込めて張らせていただきます。


詳細はinfo@canawestcreation.comまでどうぞお気軽にご連絡下さい。